ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんから赤ちゃんに病気がうつる?病気の種類と予防法を知ろう

赤ちゃんを見て驚く猫ちゃん

あ、あれは、ご主人の赤ちゃん!?



猫ちゃんを飼っているご家庭に赤ちゃんが産まれた場合、気になるのは猫ちゃんと赤ちゃんが仲良く暮らしていけるかどうかです。

テレビや動画では仲良く暮らしている場面ばかりがとりあげれていますが、本当にそうそう上手くいくものなのでしょうか?

特に、病気の心配などがあります。

この記事では、猫ちゃんと赤ちゃんが一緒に暮らしていけるのか?病気はどのようなものがあるのか?病気の予防法など詳しく書いていきます。少しでも参考になれば幸いです。

猫ちゃんから赤ちゃんにうつるかもしれない?

可愛くて可愛くて仕方ない猫ちゃんですが、一緒に暮らす上でかかってしまう病気は存在します。猫ちゃんから赤ちゃんに感染してしまう恐れのある病気とはどんなものでしょうか?

そもそも感染自体は稀である!

猫ちゃんから人間へ病気がうつることはあります。しかし、これは非常に稀なケースであり、完全室内飼いしていて予防接種などをしていれば一緒に暮らしていても、たとえ赤ちゃんであっても病気になることはまずありえない事です。感染例はありますがそれは適正な環境になかった場合です。

赤ちゃんに感染する恐れのある病気

トキソプラズマ感染症

赤ちゃんができたどきに妊婦さんが心配する病気の1つです。これは人獣共通感染症です。

トキソプラズマは人間や猫ちゃんだけでなく、ほぼ全ての哺乳類、鳥類が感染します。トキソプラズマは自然界の土や水に触れても感染しますが、猫ちゃん経由だとトキソプラズマに感染した生き物を食べた猫ちゃんのうんちに接触すると感染するようです。

トキソプラズマ感染症が危険なのは、妊婦さんが感染した時に赤ちゃんがトキソプラズマ先天症を発症してしまうと妊婦さんだけでなくお腹の中の赤ちゃんも感染してしまう恐れがあり、感染してしまった場合流産や知能、運動能力の発達の遅れ、視覚障害などの症状が現れてしまいます。

ただ、妊娠前にトキソプラズマに感染していた場合は問題ありません。妊娠中(特に妊娠初期)に感染してしまうと先天性トキソプラズマ症になってしまう可能性があります。トキソプラズマ自体は成人の20〜60%の人があると言われています。健康な人にはほぼ問題にはなりません。

その他、猫ちゃんから感染するかもしれない病気

サルモネラ菌

食中毒や胃腸炎を引き起こす菌です。これは菌に感染した動物のうんちに含まれています。

カンピロバクター

食中毒を引き起こす菌です。こちらも感染した動物の生肉やうんちに含まれます。

回虫

下痢や嘔吐、腹痛を引き起こします。

これは寄生虫なので、宿主が健康な場合は症状が出ないことがありますが、摂取した栄養が奪われ続けたり、毒で体調を崩すことがあります。

感染予防

赤ちゃんが猫ちゃんから病気を貰わないためにはどうしたらいいのか?簡単にできる予防法がたくさんあります。

猫ちゃんを完全室内飼いにする

猫ちゃんを飼うことになった場合、動物病院へ行って寄生虫の駆除や病気の予防接種をしたら完全室内飼いにしてください。猫ちゃんを外に出してしまうと、事故や怪我の危険もありますが、何よりばっちいものに触ったり、とんでもないものを食べてしまう可能性があります。特にカエルやスズメなどを食べた場合、寄生虫を取り込んでしまうかもせれません。

絶対に外に出さないようにしましょう。

猫ちゃんに触ったら手を洗う

特に食事前ですね。いくら猫ちゃん自身が綺麗でも、猫ちゃんは毛繕いの時にお尻周りを舐めたお口で全身をペロペロします。普段は気になりませんが、こう書いてみるとちょっと複雑な気持ちになりますね。

猫ちゃんのおトイレはいつも綺麗に

寄生虫の卵や菌などはうんちに含まれている場合が多いです。猫ちゃんがうんちをした場合は早めに片付けて手を洗いましょう。また、猫砂もできるだけ早いサイクルで総入れ替えしてあげると安心です。おトイレ自体も丸洗いできるなら洗いましょう。

寄生虫の有無を検査してもらおう

特に飼い始めですね。猫ちゃんのうんちを病院へ持って行って獣医さんに検査してもらいましょう。寄生虫がいなくても駆除のお薬をつけてもらいましょう。また、トキソプラズマはうんちでは発見しづらいので、血液検査もしてもらいましょう。

まとめ

猫ちゃんを飼っていて、赤ちゃんが産まれたので心配だから猫ちゃんを捨てるなんてことをたまに耳にします。そんなことをする前に、何が心配で、どうしたら回避できるかをしっかり調べてみてください。

きっと猫ちゃんは、赤ちゃんの先輩のような気持ちで接してくれるはずです。