ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんに這い寄る寄生虫!退治の仕方と種類

猫ちゃんを飼うときに心配なこと、色々ありますよね。

その1つが「寄生虫」です。元野良ちゃんを飼うならなおさらです。

猫ちゃん自身、気づいているのかいないのか、それもわかりません。当たり前ですが猫ちゃんは喋ることができないからです。

猫ちゃんのためにも早期発見、迅速な駆除を心がけましょう。

 

寄生虫とは?

体の外に寄生する「外部寄生虫」、体の中に寄生する「内部寄生虫」に分かれます。

猫ちゃんの場合は「内部寄生虫」は「腸内寄生虫」ともよばれます。

この記事は「内部寄生虫」をメインに紹介していきます。

 

寄生虫の種類と感染経路と症状、あと治療法

「猫回虫」ねこかいちゅう

黄白色で3~12㎝。たんぱく質、炭水化物が栄養源。

子猫のお腹の中でしか成虫になれない。

<感染経路>

成虫がお腹の中で卵を産み、うんちに混ざって排出される。

その卵を他の子猫や成猫が摂取することで感染します。また、妊娠している猫が感染していると、胎盤感染で産まれる子猫も感染します。

<症状>

成猫は感染しても症状が出ないことが多いですが、子猫の場合深刻な状況になり、命にかかわります。

下痢、軟便、嘔吐(回虫を吐き出す場合もあり)、発育不良、お腹が膨れるなど。

<治療法>

駆虫薬の投与。

 

「猫鉤虫」ねここうちゅう

白色で1~2㎝。腸の粘膜に噛みつき血液を吸う。

<感染経路>

卵は感染した猫ちゃんのうんちと一緒に排出される。

孵化した幼虫が猫ちゃんの口に入ったり、皮膚から体内に入って感染します。

胎盤や授乳を介してお母さん猫から子猫に感染したりします。

<症状>

数匹では症状に無自覚ですが、たくさん寄生している場合、慢性的な貧血と軟便が続きます。子猫の場合深刻な状況になり、命にかかわります。

下痢、血便、タール状の黒色便、貧血、脱水、発育不良など。

<治療法>

駆虫薬の投与。

 

「瓜実条虫」うりざねじょうちゅう

50㎝(ひえぇ)。腸の粘膜に体を固定、体の表面から栄養分を吸う。

猫ちゃんのお尻や寝床に白っぽいゴマみたいな粒を見つけて感染が発覚することも。

<感染経路>

ノミが瓜実条虫の卵を食べることによって媒介されます。卵はノミの体内で成長します。このノミを猫ちゃんが食べると感染します。

ノミが寄生していない猫ちゃんには感染しません。

<症状>

少数の寄生なら自覚症状もあまりなく気づきにくいですが、条虫の粒?や体の一部が肛門から出てくることがあり、猫ちゃんがお尻を床や絨毯にこすりつけたりします。

<治療法>

駆虫薬の投与。ノミ駆除剤も併用。

 

「マンソン裂頭条虫」まんそんれっとうじょうちゅう

最大1~2m(ぎゃあぁぁぁ)。平たいサナダムシで小腸に寄生。

猫ちゃんの小腸で1年以上生きます(うわぁぁ)。

<感染経路>

猫ちゃんが外で幼虫をもったカエルやヘビを食べると感染します。

<症状>

ストレスを感じた時、抵抗力が落ちた時に下痢や嘔吐をするようになります。

<治療法>

駆虫剤の投与。ただし、瓜実条虫駆除時の約6倍の量の薬が必要です。

 

まとめ

寄生虫なんて言葉聞いただけで(見ただけで)恐ろしいです。

この記事を書くにあたり、私は数回吐きそうになりました。

昔飼っていた猫ちゃん(元野良ちゃん)の寄生虫のいるうんちを片付けた時を思い出したからです。小学生の私は泣きながら母に寄生虫の姿を説明し、「このままだと○○さん(猫ちゃんの名前)が死んじゃう!」と訴えました。

早急に動物病院へむかい、猫ちゃん(と、私の心)は無事でした。

猫ちゃんを飼っている飼い主さんは「うちの子は大丈夫」と安心はせず、一度動物病院で検便検査をすることをお勧めいたします。