ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんにおきるてんかんって?原因や症状を詳しく知っていこう

f:id:tomokahama080:20190205144758j:plain

てんかんって響きがもう怖い


猫ちゃんには、毎日元気で楽しくすごしてもらいたいですよね。しかし、そんな飼い主さんの思いとは裏腹に、病気とは突然現れます。

今回は、そんな猫ちゃんの病気の中でも「てんかん」について書いていこうと思います。

てんかんとは?

てんかんとは、痙攣や意識障害の発作が起きてしまう脳障害です。何の前触れもなく泡を吹いたり、全身が痙攣してしまったり、倒れてしまったり、意識障害を起こしてしまいます。

原因や種類は?

1次性てんかん(真性てんかん、特発性てんかん)

原因は不明です。遺伝子的なものが関係していると言われています。

2次性てんかん(症候性てんかん)

脳腫瘍、脳炎、水頭炎、外傷による脳障害などの脳疾患の経過中に起きることがあります。猫ちゃんのてんかんは多くの場合はこの2次性てんかんです。原因は猫伝染性腹膜炎などのウイルス感染症、脳腫瘍などがあります。

潜因性てんかん

2次性てんかんが疑われますが、色々と検査をしても異常が見当たらないものを潜因性てんかんといいます。

非てんかん

脳以外の異常(電解質異常、低血糖、肝障害、賢障害、中毒、低酸素など)が原因で発作が出てしまうことがあります。この場合は、発作の原因になっている病気を治療します。

てんかんの症状とは?

てんかんの発作には全身性の発作と意識が消失しない軽度の発作があります。発作の前兆には以下の症状が現れます。

  • 落ち着きがなくなる
  • 口をくちゃくちゃさせる
  • 涎が出る
  • 手足や顔の一部が痙攣する
  • 全身が痙攣する
  • 意識を失う
  • 後ろにのけぞって手足を突っ張る
  • 手足を無意識に動かす

などがあります。また、発作中におしっこやうんちを漏らしてしまう子います。発作が起きると意識を失ったりしますが、通常は数秒〜数分で元に戻ります。何事もなかったかのように遊びだす子もいるようですね。

重度の場合は短期間に何度も発作を起こしてしまったり、1回の発作が長い時間続いたりしてしまうようです。

治療はどんなもの?

1次性てんかんの場合、抗てんかん薬での発作のコントロールが主な治療になります。

2次性てんかんでは状況に応じで発作の原因になっている病気の治療を行います。なので、てんかんのような発作が出た場合、何が原因なのか突き止めるために精密検査をしなくてはいけません。検査内容は、歩き方や反射などをみる神経学的検査、血液検査、場合によってはMRI検査や脳波検査をします。

検査や治療の費用は?

治療の費用はその方法によって違ってきます。しかし、血液検査など検査にかかる費用は大まかに算出できます。血液検査、MRIを行なった場合検査費用は5万円以上かかってしまうことが多いです。加えて治療の場合お薬をたくさん飲むことになるので、そのぶんの費用もかかります。諸々全て合わせると10万円以上になってしまう場合もあります。

てんかんの予防はできる?

原因不明のてんかんの予防は難しく、ほとんど不可能です。てんかんのきっかけになる病気の予防はできるので2次性てんかんの場合は病気に気をつけることが大事になってきます。

また、高いところにいるときにてんかんの発作が出てしまうと転落の危険があります。家の中の家具や遊具を低いものに変えたり、床の敷物をクッション性の高いものに変えたり、机や椅子の脚にカバーをつけたりして怪我の予防に努めてあげましょう。

寿命に影響する?

てんかんを発症してしまった……。もう長くは生きられないのでは?

飼い主さんはとても心配のなってしまうかと思います。しかし、てんかんの症状が出ても、ちゃんとした治療を行なってしっかりとお薬を飲んで危険を回避すれば、猫ちゃん本来の寿命から著しく短命になってしまうということはありません。

ただ、てんかんは重度になると脳に障害が残ってしまう場合もあります。早期発見のために、定期的に検診は受けましょう。

まとめ

猫ちゃんのてんかん発症率は病気が関係しない場合(1次性てんかん)は、1%と言われています。そして発症してしまっても死に直結しません。しっかりと対処すれば長生きだってできます。猫ちゃんに障害が残ってしまっても、最後の最後まで一緒にいてあげましょう。

治療費などが気になる場合は、ペット保険に加入することをお勧めいたします。