ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんの病気、肥大型心筋症ってどんなもの?

f:id:tomokahama080:20190205100600j:plain

肥大型心筋症ってなに?


猫ちゃんと住んでいる飼い主さんの皆さんが1番に考えるのが、飼い猫ちゃんがいつまでも健康で長生きしてほしいということではないでしょうか?毎日ご飯を沢山食べて、いっぱい遊んで、いっぱいモフモフして……。

しかし、生きている以上何かしらの病気になってしまう可能性があります。猫ちゃんには血統や年齢によって様々な病気が現れやすくなります。

このブログ記事では、猫ちゃんの病気の1つである肥大型心筋症について書いていこうと思います。

肥大型心筋症とは?

肥大生心筋症とは、文字どおり心臓にある心筋が肥大してしまう病気です。体に血液を送るポンプの役割を担っている心臓の心筋が厚くなってしまうと、1回に送り出す血液の量が少なくなってしまい、猫ちゃんはとても苦しい思いをします。

また、心筋症になると血栓ができやすくなってしまいます。血栓ができると動脈に詰まってしまい動脈血栓塞栓症というとても危険な症状になってしまいます。

後述しますが、その症状になってしまうと猫ちゃんは後ろ足が痙攣してしまいます。

肥大型心筋症の原因は?

肥大型心筋症になってしまう原因の1つは、猫ちゃんの遺伝子異常です。筋肉に関するタンパク質のミオシン結合タンパクC遺伝子の異変があると、心筋の発達に異常が現れます。

人間の場合は古くから肥満が原因と言われています。猫ちゃんの場合は、メインクーンしか研究例がありませんが、こちらも肥満が原因になりうるとされています。

特に、骨格の大きいメインクーンなどの大型の猫ちゃんは危険性が高まるとされています。

どんな症状がでるの?

代表的なものは心拍数や呼吸数の増加や失神などがありますが、この症状は肥大型心筋症の症状がかなり進んでしまっている場合です。

初期症状では殆ど症状が現れないか、あっても食欲不振、肺活量の低下などです。他にも胸水(胸に水が溜まって呼吸が苦しくなります。

胸水になってからは肥大型心筋症の症状の進み具合が早まります)、先述の血栓塞栓症(血栓は後ろ足にたまります。すると激痛が走ります。突然立てなくなったり、痙攣してしまったりします)、などの症状が現れます。

呼吸の変化や足の痙攣などの症状が少しでも現れた場合は、すぐに動物病院へ行きましょう。

咳は出ないの?

心臓病は咳が出ることが多いですが、猫ちゃんは何故か心臓病になっても咳が出にくいです。ワンちゃんは肥大型心筋症などの心臓の疾患になると気管が刺激されて咳が出ますが、猫ちゃんの場合は咳が出ないことが殆どなのです。

診断の方法は?

肥大型心筋症の診断に最も使われているのは超音波検査です。妊婦さんがお腹にあてるエコー検査みたいなものです。この検査では猫ちゃんの心臓が広がった時の心筋の厚さが6mm以上あると肥大型心筋症と診断されます。

また、超音波検査では猫ちゃんの心臓にかかっている負荷や血栓の有無、弁の逆流がおきていないかなどを調べることができます。

そのほかの検査

レントゲン検査

心臓の拡大を見つけることはできます。しかし、心筋が分厚くなっているかはわからないので、肺や胸に水が溜まっているかどうかを確認します。

心電図検査

肥大型心筋症は頻脈や不整脈の症状が現れます。心電図は猫ちゃんの心臓の鼓動を詳しく見ることができるので、病気の発見につながります。

血圧測定

猫ちゃんは病院に行くとストレスと緊張から血圧が上がってしまいますが、高血圧が原因で心肥大をおこしている場合もあります。猫ちゃんを落ち着かせて血圧を測ってもらいましょう。

高血圧時の注意!

高血圧や甲状腺機能亢進症によって猫ちゃんの心臓に負担がかかると心筋が肥大することがあります。肥大型心筋症とは違いますが、エコー検査時にこの2つの病気を併発していないか調べることは重要になってきます。この場合、高血圧や甲状腺機能亢進症を治療することによって心筋の大きさが戻ることもあります。

どんな治療法をするの?

治療法は投薬になります。処方されるお薬の効果は、心臓の負担を減らすものと血栓の形成を予防するものの2つです。心臓のお薬は降圧薬、抗不整脈薬、利尿薬など色々なタイプのお薬があります。猫ちゃんの肥大型心筋症の治療に対する歴史が浅いこともあり、どのお薬をいつ処方するかなど、明確な方針はまだありません。

先生によって治療の方針も違っていたりするので、猫ちゃんの体にあった治療をしてもらいましょう。

心雑音

聴診器で心臓の音を聞くと、心雑音が聞こえる猫ちゃんもいるようです。この雑音がきっかけになって肥大型心筋症の早期発見に繋がる場合もあるようです。

まとめ

肥大型心筋症は、猫ちゃんの発症する心臓病で1番多い病気です。猫ちゃんの中には病気が辛くてご飯を食べることができずに痩せてしまったり、ストレスで症状が悪化してしまって発見が遅れてしまうこともあるかもしれません。日頃から猫ちゃんの状態を観察し、異変があったらすぐに動物病院へ行くようにしましょう。