ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

スコティッシュフォールドってどんな猫ちゃん?特徴や病気について詳しく!

f:id:hamaguchi0410:20180827142454j:plain

折れた耳に、まん丸なお顔。

とっても愛らしいその猫ちゃんの名前はスコティッシュフォールド!

これから猫ちゃんを飼おうと思っていらっしゃる方に、スコティッシュフォールドの魅力をお伝えできればと思い、この記事を書いていきます。

少しでも参考になれば幸いです。

スコティッシュフォールドの特徴、お耳

まずは折れた耳です。1番の特徴といっても良いかもしれません。しかし、立ち耳のスコちゃんもいます。立ち耳にあのまん丸お顔……、可愛いですね!!この特徴的なお耳には種類があり、立ち耳、シングルフォールド、ダブルフォールド、トリプルフォールドの4種類があります。

立ち耳は他の猫ちゃんと同じように三角のお耳です。シングルフォールドは1番軽い折れ方のことを言います。ダブルフォールドはもう少し深い折れ方をしています。

頭にくっつくくらいです。トリプルフォールドは頭にぴったりとお耳がついている形です。血統としては評価が高く、見た目もとっても可愛いですが、お耳も通気性が悪く、お耳の病気にかかりやすくなってしまいます

スコティッシュフォールドの特徴、スコ座り

テレビや動画などで猫ちゃんがおじさんみたいな恰好で座ったりしているのを見たことがあるかと思います。あれは通称、スコ座り。スコちゃんがよくやる座り方です。

可愛さMaxな最高のポーズです。可愛いですが、スコちゃん自身は関節が痛くて、その痛みが和らぐのでこの体勢をとっているといわれています。

痛みの原因は折れ耳にあります。折れ耳は軟骨の異形成です。この異形成は他の関節にもあらわれます。そのため他の猫ちゃんと同じ座り方をすると身体が痛くなってしまう事があるのです。

スコティッシュフォールドの性格

スコちゃんの性格はのんびり屋さんです。おっとりしているとも言っていいです。穏やかで、喧嘩などは殆どしません。人懐っこい性格なので、飼い主さんにいつもついてまわる甘えん坊です。

人見知りなどもあまりせず、初めて会う人にも威嚇などをする心配はあまりありません。

ただ、甘えたがりで飼い主さん大好きなスコちゃんは、長時間お留守番をするとストレスを感じてしまいがちです。家を空けることがあれば、その分帰ってきてから存分にコミュニケーションをとってあげてください。

また、鳴き声も小さくあまり積極的にアピールはしてこないので、飼い主さんがスコちゃんの要望に気づいてあげましょう。

 

スコティッシュフォールドの寿命、病気

f:id:hamaguchi0410:20180827150101j:plain

スコちゃんの寿命は平均で10年から13年と言われています。

軟骨の異形成や、内臓疾患を持っている子もいるので、他の猫ちゃんよりも平均寿命が少しだけ少ないです。

しかし、食べるご飯や環境によっては長生きしてくれます!

まずご飯ですが、年齢に応じたカリカリなのは大前提ですが、スコちゃん自身運動量があまり多くありません。のんびり屋さんですからね。

それゆえに、他の活発な猫ちゃんとおんなじ量を食べてしまうと食べ過ぎになってしまいます。肥満になってしまうとそれだけ疾患の危険も増えてしまうので、ご飯は少しだけ控えめにしましょう

次に環境ですが、完全室内飼いを強くお勧めいたします。交通事故の心配がなくなるというのが1番の理由ではありますが、野良猫ちゃんの持っている病気をうつされないようにする、喧嘩による怪我をしないようにするという目的もあります。

定期的な健康診断をするのもお勧めです。スコちゃんは遺伝的な病気になってしまう事の多い猫ちゃんです。

病気は早期発見早期治療が長生きのカギです。特に注意が必要なのは1歳ごろです。この頃になると遺伝性の病気が現れやすくなります。

また、スコちゃんはお耳が折れているのでお耳関連の病気にかかりやすいです。外耳炎や耳ダニ感染症などです。お耳のお掃除もこまめにやってあげましょう。

スコちゃんのかかりやすい病気は、遺伝性骨成形異常症、外耳炎、難聴、白内障、肥大型心筋症、腎不全、尿路結石症などです。他にも内臓疾患などもあるので健康診断はしっかりと受けましょう。

まとめ

スコちゃんは柄、目の色、長毛、短毛、立ち耳、折れ耳など、個性豊かです。加えておとなしく穏やかで、のんびり屋さんなので、初めて猫ちゃんを飼う方にお勧めです。猫ちゃんを飼うことを検討している方は、是非、スコティッシュフォールドを候補に入れてみてください。