ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫アレルギーとは?アレルギーでも飼える猫ちゃんもいる?対策は?

f:id:hamaguchi0410:20180828104637j:plain

猫ちゃんが大好き!でも猫ちゃんに近づくとくしゃみが止まらない!

そんな猫ちゃん好きの方もいらっしゃるのではないでしょうか?私です

もしかしたらと検査をしてみれば案の定猫アレルギーでした(他にもたくさんありましたが)。

しかし、猫アレルギーといっても具体的にどんな症状があらわれ、どんなことをすれば

改善していけるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

アレルギーとは?

免疫反応が特定のものに対して過剰反応をしてしまいおきる症状です。

この記事では猫アレルギーについて書いていきます。

猫アレルギーの症状

目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、咳、皮膚のかゆみ、呼吸困難、などなど。

花粉症によく似た症状が多いため、花粉の舞う時期と重なった場合、花粉症と間違えてしまう事もあるかと思います。

アレルゲンの種類

猫アレルギーのアレルゲンはFel dという名前のたんぱく質です。これは猫ちゃんのフケ、唾液、涙、肛門分泌液などです。多くの場合はフケや唾液が原因になっています。女の子の猫ちゃんよりも男の子の猫ちゃんの方がFel dは多く分泌されているといわれています。

アレルギーの疑いがある場合

まずはお近くの病院でアレルギーの検査をしましょう。検査は血液検査です。この血液検査の金額は7,000円前後かかります。

猫アレルギーの対策

猫アレルギーになってしまった場合、原因となるアレルゲンを取り込まないようにするのが重要です。

猫ちゃんの毛やフケ、きっかけとなってしまう埃やダニ、ハウスダストなどをこまめに排除します。

掃除はこまめにおこない、カーテンや寝具もこまめに洗濯、猫ちゃんに触った後はしっかりと手を洗う、空気清浄機を置くなど。

また、猫ちゃんも、ブラッシングやシャンプーをこまめにおこなうなど。

アレルギーの治療

猫ちゃんと暮らしている場合は猫ちゃんと距離を置く……なんてことは猫好きとして無理な話です。こういう場合、症状を抑える処置をおこないます。

アレルギー反応を抑えるお薬を飲んだり、注射をしたりします。

アレルギーの人も飼いやすい猫ちゃん

アレルギーだろうが何だろうが猫ちゃんを飼いたい!という方もおられるかと思います。そこで、アレルギーの原因となる物質の分泌の少ない猫ちゃんをご紹介いたします。

・スフィンクス

猫ちゃんの毛がアレルギーの原因になる場合が多いので、毛の少ない猫ちゃんはいかがでしょう?

表面にうっすら産毛は生えていますが、アレルギー反応を起こすほどではありません。ブラッシングも、やわらかい濡れタオルで拭いてあげるのが中心となります。
ただ、気温の変化に弱いので、空調には気を付けてあげてください。

・コーニッシュレックス

巻き毛が可愛くスレンダーな猫ちゃんです。抜け毛も少なく、アレルギー反応を起こしにくいです。気を付けたいのはやはりブラッシングです。毛は抜けにくいですが、汚れやすいので気を配ってあげてください。

・シャム

もっとも美しいと謳われる、世界でも人気の猫ちゃんです。私は勝手にセレブなイメージを持っています。

抜け毛が少なく、スフィンクスに比べるとかなり飼いやすい猫ちゃんです。活動的で元気いっぱいのシャム猫ちゃんなら、きっと毎日にぎやかに飼い主さんの心を癒してくれるはずです。

まとめ

今現在、猫アレルギーを完全に完治させる治療はありません。現状の緩和くらいしか望めません。しかし、その緩和+環境を整える+アレルギーの抑えられる猫ちゃんの組み合わせで猫ちゃんライフがおくれるかもしれません!

私も頑張ります。皆さんも頑張ってください!