ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんの腸内事情!その下痢の原因病気にあり?

f:id:hamaguchi0410:20180828110711j:plain

お腹を下すと辛いですよね。私もストレスがお腹に来るタイプなので辛さは理解しているつもりです。ですが、それが猫ちゃんだったらどうでしょうか?
猫ちゃんがお腹を下しているかどうかはおトイレ掃除をしないとわからない場合が多いです。

この記事ではそんな風に、突然下痢になってしまった場合どんなことが原因で、どんな病気の可能性があるかを書いていきたいと思います。
少しでも参考になれば幸いです。

そもそも下痢とは?

咳やくしゃみと一緒で、害のあるものを外に出すとする体の防衛反応です。
何かの原因で腸内の水分が上手く吸収されなかったり腸の動きが速くなりゆるい便が出てしまうようです。

猫ちゃんはこの下痢がおこりやすいです。 

「きっかけ(原因)」を知るのが大切

では、猫ちゃんが下痢になるきっかけは何なのか。下痢を伴う病気は多く、飼い主さんが下痢だけを見て病気を判断するのは無理です。早急に病院へ連れていくのはいい事ですが、何か心当たりがある場合はそれを獣医さんに伝えなくてはいけません。

 

<強いストレスを感じているかも>

・最近引っ越し、模様替えをした

猫ちゃんは環境の変化に敏感です。

いつもと違う音、匂い、見た目などなど。

飼い主さんは環境が変わり心機一転!と考えているかもしれませんが、猫ちゃんはいい気持ではないのかも。「ここどこ!?」「お家じゃない!」と思っているかもしれません。

・対処

いつも使っているベッド(寝床)を静かで人があまり行き来しない、落ち着ける場所を作ってあげるのが一番です。無理に慣れさせようとせずゆっくり、大好きなご飯を用意しながら待ってあげましょう。 

・新しい子(猫ちゃんにかぎらず)が家に来た

縄張り意識が強い猫ちゃんは、自分のテリトリーに、言葉は悪いですが「異物」が侵入してくるのを当然ですが嫌います。

新顔の子がやたらかまってきたり、喧嘩をしてしまったり、飼い主さんを独占したり。猫ちゃんはとてもストレスを感じてしまいます。

・対処

まずは部屋を別々にしましょう。または、先住猫ちゃんしか行けない場所を作ってあげましょう。

また、飼い主さんにはそんな気はなくても、猫ちゃんにえこひいきに見えてしまう行動(今まで先住猫ちゃんが使っていた大好きなおもちゃで新顔さんと遊ぶ、1日中かまいっぱなし、ご飯が後回しになるなど)をしないようにしましょう。

普段クールな猫ちゃんも、本当は飼い主さんが大好きで取られたくないんです。

・飼い主さんが怒った時に猫ちゃんを叩いてしまった

猫ちゃんは、痛かったり嫌だったりショックを受けたことはなかなか忘れません。

勿論「ごめんね」と言ったところで猫ちゃんは「はいわかりました」とはいきませんよね。

叩いたという事実はなくなりません。

・対処

金輪際叩かない。しばらくかまわない。スペシャルご飯をあげる。
これくらいしかありませんね。猫語を話せない私たち人間は、行動で示すしかありません。だからと言って叩いてはいけません。何度も言います。 

<ご飯が体に合っていない>

穀物を多く使っているキャットフードは体に合わない。そんな子もいます。
お肉屋やお魚をメインで使っているキャットフードに変えてみるのも良いかもしれません。
グルテンフリーのご飯

<寄生虫がお腹にいる>

「猫鉤虫」「マンソン裂頭条虫」などが下痢の原因になる寄生虫です。

うんちに虫が混ざっている、慢性的な貧血や下痢、血便や嘔吐を伴う場合などは寄生虫の場合が多いです。動物病院に連れていき、駆虫薬の投与をしてもらいましょう。子猫の場合命に関わることもあります。 

<食べすぎが原因の消化不良>

下痢をしているのに食欲があって元気な場合、消化不良の可能性があります。
あまり心配はいりませんが、ご飯の量を変えても1日以上下痢が続くと病気の可能性があります。動物病院へ行きましょう。

<早急に病院へ行った方が良い場合>

発熱、嘔吐、食欲不振などを伴いぐったりしている。この場合、膵炎や腸炎など命に関わる致死性の高い病気を発症している可能性があります。
大変危険な状態です。すぐに動物病院へ行きましょう。 

獣医さんへ伝えるべきこと

受診するうえで獣医さんに伝えておいた方が良いことがいくつかあります。
メモを取っておいたり、写真を撮って獣医さんに見てもらいましょう。

1、うんちの状態

液体に近いのか、やわらかいのか。量は少ないのか多いのか。色やにおいの違和感。虫がいたのかなど。

2、トイレの頻度

下痢になって、1日何回トイレに入ったかなど。

3、うんちをする時の様子

きばっている、苦しそう、鳴く、トイレまで間に合わないなど。

4、そのほかの症状

ぐったりしている、嘔吐、食欲不振などの気になること。 

まとめ

猫ちゃんが下痢をした時、飼い主さんは慌てずに、猫ちゃんの様子とうんちの様子の観察をし、前日や最近の様子を思い出してあげてください。

気になる点、不審な点は獣医さんに相談してみましょう。

重篤な病気の可能性と気にしなくてもいい可能性、両方あることをしっかりと覚えておきましょう。