ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんが喜ぶスキンシップの方法。好きな部位と嫌いな部位

f:id:hamaguchi0410:20180828112223j:plain

猫ちゃんが好きなのにスキンシップをとろうとすると嫌がられる。なのに猫ちゃんからはたまに来てくれる。

そんなことはありませんか?

その行動には理由があるのです。

私も失敗したあんなことこんなこと、猫ちゃんのためも勉強しました。

この記事も、猫ちゃんとのスキンシップに悩む飼い主さんのお役に立てればと思います。

猫ちゃんが好いてくれる基準とは?

我が家では、猫ちゃん大好きでいつも一緒に居たい私、妹、母、父は3代目猫ちゃん(女の子)に若干避けられ、あまり猫ちゃんに興味がなかった弟が猫ちゃんに好かれていました。

当時は「○○さん(猫ちゃんの名前)は弟君が好きなんだな」としか思っていませんでしたが、改めて猫ちゃんの事について調べてみるとその行動にはしっかりとした理由がありました。

かまいすぎが嫌われる元

猫ちゃんはもともと単独で暮らしていた生き物です。

ずっとべったりくっついてくる甘えん坊の猫ちゃんもなかにはいますが、大概の猫ちゃんはしつこい飼い主さんをうっとうしがります。

いくら遊んであげたりご飯をあげたりして好感度を上げても、うっとうしがられては台無しです。適度なスキンシップの度合いを見極めましょう。

猫ちゃんは尻尾に感情が現れやすいです。

尻尾がパタパタと揺れ始めたらそろそろイライラしてきたサインです。

これは、知っている飼い主さんも多いかと思います。

では、猫ちゃんの喜ぶ体の部位は知っていますか?

猫ちゃんの喜ぶ体の部位とは?

我が家の歴代猫ちゃんと色々と学んだことを合わせて書くと、猫ちゃんの喜ぶ部位は猫ちゃんの舐められない場所や急所にならないところが多いです。

<舐められない場所>

眉間、後頭部や耳の裏、顎の下、首筋です。顔周辺が多いですね。

濡れたガーゼ等で拭くとたまに汚れが付く場合もあります。

ちなみに顎の下はニキビ(黒いぽつぽつ?のようなもの)ができる場合もありますので、こまめに拭き拭きしてあげましょう。

<急所にならないところ>

背中や腰、尻尾の付け根です。

首筋から腰に掛けてずいーっと撫でてあげると喜ぶ子も多いです。

ブラッシングをしていないと手のひらに毛がたくさん付いてしまいますが。

猫ちゃんの嫌がる体の部位もある

手足、お腹、肉球、尻尾などです。

ほぼ確実に猫パンチ、ガリッ!ガブッ!の連撃がきます。

何事にも例外はある

いくら喜ぶ部位だとしても、タイミングやなでなでする長さによっては嫌がってガリッ!ガブッ!なんてこともあります。

ベストなタイミングは猫ちゃんが、猫ちゃんの方からすり寄ってきた時です。

足元にスリスリしてくれたり、膝の上に乗ってきてくれた時などなど。

あとはゴロゴロ喉を鳴らしている時(鳴らしていても尻尾をぶんぶん振っているという不思議な時もありますが……)です。

それ以外の時はあまり触らない方が良いかもしれません。

猫ちゃんとのコミュニケーション

猫ちゃんはとっても綺麗好きです。

ゆえに、ブラッシングが好きな子も多いです。上記の好きな部位を(顔の周りは濡れた布やガーゼで)ブラッシングしてあげるととっても喜ぶと思います。

基本は毛の流れに沿って軽く、猫ちゃんが体を寄せてきたらもう少し強めにゴシゴシしてあげましょう。

猫ちゃんのマッサージ!

猫ちゃんは飼い主さんをよく見上げています。

見上げるというのは肩がこるものです。
首やから肩甲骨のあたりを優しくモミモミと指圧してあげると気持ちよさそうな顔をしていました。勿論嫌がる子もいますが。

顔は耳の裏から頬にかけてクイクイと優しく揉んであげても喜びます。

背中の皮を軽く掴んでこねるように動かしてもリラックスしてくれます。

我が家の猫ちゃんは100円ショップで売っている小顔マッサージのローラーが好きな子が多かったです。あのゴロゴロが良かったのでしょうか?

まとめ

猫ちゃん飼い初心者さんは猫ちゃんをモフモフしたいと思います。お腹をムニムニしてクンカクンカして肉球をぷにぷにしたいでしょう!(私はしたいです!)

しかし、その行為が猫ちゃんにとってストレスになってしまってはいけません。ここはグッと我慢し、猫ちゃんから寄ってきて触っても良いよアピールをしてきた時に、適度によしよししてあげましょう。

ブラッシングやマッサージでコミュニケーションをとるのも良いでしょう。

猫ちゃんは好感度のアップダウンがとても激しい生き物です。

一挙一動に気を付けてお互いにストレスのない生活をおくりましょう。