ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんのフレーメン反応って何?どうしておきるの?

f:id:hamaguchi0410:20180828130521j:plain

猫ちゃんのお口がクアーっと開き、何とも言えない顔でしみじみ何かを感じている猫ちゃんの顔。たまらなく可愛いですが、これはいったい何なのか?

動画等で見るこの反応、フレーメン反応といいます。

このフレーメン反応とはどんなものなのなのでしょうか?

詳しく書いていきます。

フレーメン反応とは?

猫ちゃんがニオイを嗅いでお口をクアーっと開いたり、ポカーンとしてしまうリアクションの事です。

( ゚д゚)この顔に似ています。

可愛いですね!

猫ちゃんだけでなく、馬、牛、羊など、他の動物にも見られる反応です。

どんな時におきる反応?

よく見るのは、うんちした後に自分のお尻を綺麗にした後にクアーっとなります。他には、飼い主さんの靴下のニオイを嗅いだ時などです。

強いニオイに反応しているのかと思えば、花の匂いを嗅いだだけでもクアーっとなったりします。

どうしてこのような反応があらわれるのでしょうか?

ニオイやフェロモンを確認している

猫ちゃんは発情期になると「性フェロモン」というものを分泌します。これは交尾のパートナーを見つけるための目印のようなもので、スプレーなどで自分のニオイを相手に伝えます。

多頭飼いしている飼い主さんは、去勢、避妊をしていてもお互いのニオイを嗅ぐことでフレーメン反応をすることがあります。

飼い主さんのニオイを嗅いでフレーメン反応がおきるときは、自分にとって害があるかどうかを確かめているといわれています。

飼い主さんからいつもと違うニオイがする時などにクンカクンカします。また、繰り返しニオイを嗅ぎに来る場合は、足のニオイが気に入ってしまっているか、よほど警戒しているかだと思われます。

ただ、ニオイを嗅がれてフレーメン反応をおこしてとしても決して飼い主さんを敵視しているとか、嫌っているとかではありません。

フレーメン反応のメカニズム

猫ちゃんがフレーメン反応で口をクアーっとするのは、口の中にヤコブソン器官があるからです。

「ヤコ……何?」と思われる方も多いと思います。この器官は、生き物がフェロモンを感じるのに必要な器官です。嗅覚の器官ですが、口の中にあります。

口の中にあるので、空気と一緒にニオイやフェロモンをたくさん取り込もうとして口がクアーっとなるわけです。

くさい?くさくない?

フレーメン反応がフェロモンに反応して起きているのはわかりましたが、実際猫ちゃんはニオイやフェロモンについて何を思っているのか?

我が家の猫ちゃんは私の弟の足のニオイを嗅いでフレーメン反応を示しましたが、そのあとすぐに足の裏にスリスリごっつんしていました(そのあとしっかりとシャンプータオルで拭きましたが)。嫌いなニオイではなかったんでしょうね。

しかし、次は100円ショップのセロハンテープのニオイを嗅いでフレーメン反応を示し、不機嫌そうに尻尾をブンブン!他の猫ちゃんは殆ど反応を見せなかったのにです。
やはりニオイ1つとっても好き嫌いはあるようです。

共通していたのは、自分のお尻を綺麗にしている時にはとびっきりのクアー顔だったということです。ナイススメル!と思っていたのか、アカーン!と思っていたのかは猫ちゃんにしかわかりません。

まとめ

猫ちゃんにクンカクンカせれてフレーメン反応をされた時でも、「もしかして足臭い!?」と落ち個もなくても大丈夫です。

いつもと違う飼い主さんのニオイに少し警戒していたり、興味があったりしているだけの場合が多いようです。

しかし、ニオイを嗅ぐという行動は、誤食や誤飲の原因になってしまう場合もあります。部屋の中に小物やニオイの強いものを転がしておくのはやめましょう。