ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

人の風邪、猫ちゃんの風邪、違いと対処法

f:id:hamaguchi0410:20180828132145j:plain

寒くても暑くても、どんな季節でも、かかってしまうのが風邪です。

しかし、猫ちゃんと人間の風邪は色々と違いがあるようです。

その違いを理解しておかないと、大変なことになってしまうかもしれません。

この記事では、原因、治療法、治療費などをご紹介させていただきます。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

人間と猫ちゃんの、風邪の違い

 

通称・猫風邪。

猫ちゃん好き、もしくは猫ちゃんの飼い主さんなら1度は聞いたことがあるであろうこの病名。実は風邪と言いつつ風邪ではないという事を知っていますか?

元気がない、くしゃみ、鼻水、熱っぽい。

いかにも風邪の症状です。それが人間ならば!

しかし、猫ちゃんは違います。ただの風邪である場合は少ないのです。

 

猫風邪の原因

原因となっているのは猫カリシウイルス、猫ヘルペスウイルス、クラミジアなどの細菌感染です。また、混合感染の場合もあります。

生後3ヶ月までの子猫に発症しやすく(我が家の猫ちゃんも子猫のころに発症しました)、老猫にも見られます。

 

各ウイルスの症状の違い

大まかな症状は同じですが、ところどころ違いがあるようです。

 

猫カリシウイルス

症状…鼻水、くしゃみ、食欲不振、発熱、口内の水疱、潰瘍、舌の炎症、口内炎

口臭がきつくなったり、口内炎の痛みからよだれが多くなる子がいます。

 

猫ヘルペスウイルス

症状…鼻水、くしゃみ、食欲不振、発熱、角膜炎、結膜炎

目ヤニがひどくなります。ひどい子は目が開かなくなるほどです。

 

クラミジア

症状…鼻水、くしゃみ、食欲不振、発熱、角膜炎、結膜炎、口内炎、肺炎、多発性関節炎

これを子猫が発症した場合、免疫力が低いため重篤化しやすいです。

脱水症状がおき、衰弱します。

 

治療法

カリシウイルスは「インターフェロン注射」というものをします。インターフェロンとは、細菌の増殖を抑えるたんぱく質です。

ヘルペスウイルス、クラミジアは「抗生物質」を投与します。

動物病院でウイルスを特定してもらい、治療してもらいましょう。鼻水が多い時は点鼻薬、目ヤニや結膜炎がひどい時は点眼薬も処方される時があります。

衰弱した子猫の場合、栄養補給剤を点滴で与えます。子猫や老猫は重篤化しやすいので気を付けてあげましょう。

猫風邪は上記の通りウイルスが原因の場合が多いので、自然治癒は見込めません。必ず動物病院へ受診してください。

 

治療費

症状の具合、病院によって値段は変わってきます。

初診・1,000~10,000円

診察・1,000~

薬代・5,000~10,000円

血液検査・10,000円

 

予防法

1番大切なのは「予防接種」です。

カリシウイルス、ヘルペスウイルスは3種混合ワクチンで予防することができます。クラミジアは5種混合、7種混合のワクチンで予防ができます。

しかし、ワクチン接種をしても完全には予防できません。が、感染した時の軽減はできます。

野良猫ちゃんからウイルスを貰ってこないよう、完全室内飼いをお勧めします。

 

まとめ

飼い主さんにとっても猫ちゃんにとっても猫風邪というのは辛いものです。

猫ちゃんはしんどい思いをし、痛い思いもし、食欲も落ちてしまいます。満足に遊ぶこともできず、入院することもあります。

飼い主さんは愛する猫ちゃんの苦しむ姿を見ながら過ごさねばならず、心配で夜も眠れず、いつもより念入りに掃除、除菌をし、何よりお金がかかります。

お互いに苦しい思いをしないため、予防接種、除菌、室内飼いを徹底しましょう。