ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

猫ちゃんにトイレを覚えてもらおう!しつけと良いトイレ

f:id:hamaguchi0410:20180828132851j:plain

初めて猫ちゃんを飼う方は、いろいろな悩みにぶつかります。
その1つがおトイレです。

猫ちゃんは比較的おトイレのしつけは楽といわれていますが、それでも失敗してしまう事もあります。

失敗を未然に防ぐために、おトイレの場所やどんなおトイレが好まれるか、しっかりと覚えておきましょう。

猫ちゃんのおトイレとは?

一般的には猫ちゃん用のおトイレの中に猫砂と呼ばれるおトイレ専用の砂を入れます。
猫ちゃんはおしっこやうんちをした後は砂で隠す習性があります。

これは敵に自分の居場所を悟られないためだとか、縄張りがかぶらないようにするためだとか考えられていますが諸説あります。この先祖代々の習性があるため、猫ちゃんには猫砂を使ったおトイレが必要なのです。

また、猫ちゃんのおトイレは、「おトイレ(ケース)、猫砂、スコップ」を1セットとして考えましょう。縄張り意識の強い猫ちゃんだと、他の猫ちゃんとおトイレを共有することを嫌がります。

猫ちゃんを多頭飼いする場合は猫ちゃんの数と同じ数のおトイレを用意してあげてください。

おトイレを覚えてもらうには?

猫ちゃんは基本的には砂があればそこをザクザク掘って用を足します。

しかし、中にはおトイレをおトイレと認識してくれない場合もあります。そんな時の解決法は、とても簡単です。

猫ちゃんのおしっこやうんちをおトイレの中に入れておくだけです。

そうすることで猫ちゃんがおしっこやうんちを「隠さなきゃ!」となり、自然とそこで用を足してくれるようになります。

我が家の猫ちゃんは最初は新聞紙の上にしか用を足してくれませんでしたが、おしっこをした後の新聞紙をトイレにセットして猫砂を置いたところ、すぐにおトイレを覚えてくれました。

また、猫ちゃん特有のおトイレサインというものがあります。

床ををカリカリしたりクンカクンカしたらおトイレサインの可能性が高いです。

お部屋で粗相してしまった場合、おしっこやうんちの臭いが少しでも残っているとまたその場でしてしまう事が多々あります。お掃除する時は臭いまでとれるように徹底的にお掃除しましょう。

猫ちゃんの理想のおトイレとは?

猫ちゃんのおトイレを置くときは「静か」「ご飯から遠い」「臭いがこもらない」という点に気を付けてあげましょう。

そして、猫ちゃんは綺麗好きな子が多いです。

おトイレのお掃除は頻繁におこなってあげましょう。

猫ちゃんによってはお掃除を催促してきたり、汚いままのおトイレでは用を足さずにお部屋でおしっこやうんちをしてしまう事もあります。

気を付けてあげてください。

また、猫ちゃんによっておトイレも形や猫砂の種類にも好みがあらわれます。いろいろと試した見てください。

まとめ

今回は猫ちゃんのおトイレのしつけに関して書いていきました。
おトイレは、男の子だと特に別の場所でしてしまうと癖になってしまいます。臭いを徹底的になくしてからおトイレトレーニングをしましょう。