ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

基準は何?愛猫ちゃんが通う動物病院の選び方

f:id:hamaguchi0410:20180828141000j:plain

猫ちゃんに限らず、生き物を飼っていると少なからずお世話になるであろう「動物病院」。
病気になってから探したりしていては手遅れになるかもしれません。
そこは、事前に適切な病院を見つけておきたいものです。
予防接種、健康診断でもお世話になるかと思います。是非、良い病院を見つけましょう。

かかりつけの病院を見つけるのが望ましい

いざ、猫ちゃんが病気になった時に、過去の記録や資料がバラバラの病院にあったら獣医さんは大変です。
勿論、その病院がどのような病気や怪我に強いかは大切ですが、先生がころころ変わっては猫ちゃんもストレスを感じてしまいます。飼い主さんも混乱してしまうかもしれませんね。

良い病院の見分け方

病院に見分け方も何もありませんが、ここは押さえておきたい!というポイントを挙げていきたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

1、清潔感
昔からやっている病院なら仕方がありませんし、長く続いているのは一種のステータスでもありますが、待合室や診察室が汚かったら良くありません。掃除が行き届いていない証拠です。診察室が汚いのはもってのほかです。猫ちゃんはそこで診察もしくは治療をするかもしれないのです。菌なんて入ってはいけないのです。
初診の際などは飼い主さんがしっかりとチェックしてあげたいですね。

2、駐車場の数
これは良い悪いより、利便の問題なのですが、待合室が混んでいて、他の猫ちゃん(動物病院なのでワンちゃんの場合もあります)がいます。猫ちゃんによっては強いストレスを感じてしまいます。
そんな時、車で来ている場合、待機場所として車の中で待つかもしれません。駐車場が少ないとそれができないどころか、車を停めて病院に入ることもできません。
そうなると、駐車場が大切になってきます。

3、どんな先生か?どんなスタッフか?
人間であれ猫ちゃんであれ、病院の先生はしっかり話を聞いてくれて的確なアドバイスをくれる方にかぎります。
また、動物の扱いが上手く、優しいというのが大切です。猫ちゃんは特に引っ掻いたり、噛んだりと手間がかかります。そんな時、先生の反応や対応、スタッフさんへの的確な指示がしっかりしていないと、飼い主さんだけでなく、猫ちゃんも不安になってしまいます。
大きな声で怒ったり、無理やり押さえつけたりされた猫ちゃんは、病院がトラウマになってしまいます。
引っ掻かれたり噛まれたりするのに慣れている……というのは言葉がおかしいですが、せめて「大丈夫、大丈夫」と許してくれる先生が良いですね(まるでナウシカのような先生もなかにはいらっしゃるようです)。

4、診察や治療の料金は適切か?
いくら動物病院の金額が病院によって違うからといって、高すぎる場合は要注意です。
この治療は治療費が高額になる、他にはこんな治療法もあるなど色々な選択肢を用意して、しっかりと説明してくれる所は安心です。
予防接種や健康診断は、病院のホームページにいけば掲載していることも多く、種類によって値段も違うので、事前に確認をしてみるといいかもしれません。
また、治療の明細書をくれない病院もあるので、気を付けましょう。

5、設備
設備が不十分だと、適切な治療が受けられません。
いざという時に、「うちでは無理です。他の病院で見てもらってください」なんて言われてはたまりません。
混雑していても設備の整った病院を選ぶことが大切です。

最近は猫ちゃん専門の病院も!

猫ちゃん専門の病院は予約制のところが多く、他の猫ちゃんと顔を合わせることもなく、診察から聞こえてくる他の猫ちゃんの怯えた声や雄叫びを聞かなくたすむのが良いですね。
緊張しているときに他の猫ちゃんの悲鳴を聞いたら、さらに緊張してしまいますし、何よりストレスになります。
病院によっては防音で、外の雑音が聞こえず静かに過ごせたり、暖かく、猫ちゃんがリラックスして診察を受けられるよう環境を整えてくれているところもあります。
また、(すべての病院ではありませんが)専門の病院なので知識も豊富で、猫ちゃんに詳しく、猫好きな先生やスタッフさんが多いです。
入院する場合も、猫舎を広く作ってくれているところが多く、上下運動や横移動ができたりします。ワンちゃんが苦手な猫ちゃんは、ワンちゃんの吠える声が聞こえないのも利点かと思います。
ただ、猫ちゃんの様態によってはあまり動かない方が良いために、あえて狭い猫舎に入ってもらうこともあります。

入って安心猫保険

病院の話からは脱線してしまいますが、保険には入っておいた方が良いと思います。
簡単に良い保険のポイントを挙げますと、「高齢になっても金額に大きな変動がない」「年間最大保証額が高め」「サポートの充実さ」などです。
動物保険の種類は年々増えてきているので、色々なものを比べてみるといいかもしれませんね。

まとめ

予防接種、健康診断、避妊去勢手術、爪切り、シャンプー。病院にお世話になる機会は多々あります。
しっかりとかかりつけの信頼できる病院を見つけておけば、飼い主さんも愛猫ちゃんも安心して暮らせることでしょう。
いざという時のため、飼い主さんがしっかりと見極めましょう。