ゼロから学ぶ猫の飼い方ハンドブック

猫を初めて飼う人に向けた個人ブログ

ささみ?にぼし?かつおぶし?猫ちゃんにおすすめのおやつ

f:id:hamaguchi0410:20180828142928j:plain

飼い主さんは、愛猫ちゃんともっと仲良くなりたいですよね。
しかし、猫ちゃんが喜ぶからといって、色々なものを与えすぎてはいけません。
中には猫ちゃんの健康に悪影響が出てしまう物もあるかもしれないからです。
どうせあげるなら、健康的なものをあげたいものですね!

代表的なおやつのメリット・デメリット

猫ちゃんのおやつと聞いたら、どんなものを思い浮かべますか?
私は「いなば焼かつお」です。うちの子はこれが1番好きでした。少しレンジで温めてほぐしてあげると喜んでむしゃむしゃと……。閑話休題。
一般的には「にぼし」「ささみ」「かつおぶし」だと思いますが、いかがでしょうか?
もし、これを読んでいる方で「いやいや、○○でしょう!」という方がいらっしゃいましたら申し訳ありません(先述の通り私も他の物を挙げております)。
しかし、まずはこの3つについて書かせていただきます。しばしお付き合いくださいませ。

「にぼし」「かつおぶし」
人間用のにぼしとかつおぶしは塩分が多いので与えてはいけない。これは猫ちゃんを飼っている飼い主さんならご存知の方も多いと思います。しかし、猫ちゃん用のにぼしとかつおぶしにもデメリットがあることは知っていますか?
にぼしとかつおぶしにはミネラルが多く含まれています。このミネラルが猫ちゃんに多く見られる「尿路結石」をひきおこしてしまう可能性があります。
猫ちゃんはもともと熱い地域(砂漠ですね)に住んでいました。ゆえに、水分をあまり必要としない体になりました。あんまり水を飲まない子が多い理由はこれです。
水分をとっていない分、おしっこの濃度も濃くなります。濃いという事は排出される毒素なども濃くなっていることになります。
ミネラルは多くなると結晶化します。これが尿路結石の原因になってしまいます。
また、石は放っておくと大きくなり、数も増えていきます。それが尿道に詰まると尿道閉塞をおこし、毒素が排出できなくなり、最悪の場合尿毒症になってしまい死につながります。
しかし、生きていくには適度なミネラルも必要です。不足しても、逆に体調を崩します。
1日1、にぼしなら2本程度、かつおぶしなら一つまみ。これくらいなら大丈夫です。しかし、高齢なるにつれ摂取する水分も減り、運動をしなくなります。年齢に合わせてキャットフードが変わるのと同じように、おやつの内容も変わってきます。5歳くらいになったらにぼしやかつおぶしをあげる頻度や量を少なくし、最終的には与えないようにしましょう。
尿路結石以外にも病気はあり、「黄色脂肪症」が有名です。
カツオやマグロに含まれる不飽和脂肪酸は血液をサラサラにして、ガンの予防をしてくれます。しかし、何事にも適量があり、ミネラル同様多く摂りすぎてはいけません。
過剰に摂取しすぎると猫ちゃんの脂肪を酸化させてしまい、炎症をおこします。こうなるとビタミンEの投与が必要になってしまいます。
もともとあげなくてもいいものです。尿路結石、黄色脂肪と病気を発症してしまうなら、いっそあげない方が猫ちゃんのためな気がします。

「ささみ」
猫ちゃんにささみをあげるにあたり、正直メリット・デメリットはあまりありません
「生であげなければいい」「別にあげなくてもいい」程度の認識です。
香りがよく、温かい(人間目線ではぬるくしておいてくださいね)、そんなささみが好きな猫ちゃんもいるでしょう。
しかし、本来猫ちゃんにささみはおやつではなく「食欲不振時の手ごろな緊急食」という認識が正しいのです。人間でいうとおかゆみたいなものです。消化が良く、温かい。茹でることで水分を含むので、水分補給にもなります。
ただ、栄養価が低く脂肪分も少ないので人間同様ダイエットには向いているかもしれません。カリカリのかさましに混ぜてみるのも良いかもしれませんね。
また、腹持ちが良く温かいので、病み上がりの猫ちゃんにも向いています。体力が落ちているときはお腹の中の力も落ちています。栄養満点のご飯は逆に体力を奪うことになりかねません。さらっとむしゃっと食べられるささみなら、その点は安心です。

おすすめのおやつ

安全で美味しいおやつを与えたいならコレ!というものを紹介していきたいと思います。私が猫ちゃんにあげて反応の良かったものやネットの口コミ、成分表などを参考にしていますが、猫ちゃんの好みを考えたうえで参考にしてみてください。
目安は猫ちゃんの1日の総摂取カロリーのうち20%くらいです。1㎏につき80カロリー、4㎏の猫ちゃんなら320カロリー、20%だと……64カロリーですかね。おやつを選ぶときの基準にしていただけたらと思います。
また、おやつをあげるタイミングは「ごほうび」が基本です。カリカリやウェットフードを食べてくれなくなったら本末転倒です。

「いなば焼かつお」
これは最初に名前を出しました。我が家の猫ちゃんが大好きだったおやつです。
焼かつお。かつおと書いていますが味はほたて、いりこ、とりだしなどいろいろあります。我が家の猫ちゃんはスタンダードなかつお味が好きでした。
ささみもありますよ!

「ペッツルート 無添加とりけずり うすうす花」
無添加!国産!鶏むね肉!
まさに安心のおやつです。ふりかけにも良い見た感じはかつおぶし。しかし使用しているのは鶏むね肉のみです。

「キャティーマン 猫の毛玉ケアスナック」
おやつをあげつつ毛玉ケアができるお得なおやつ。
毛玉ケアスナックはいろいろなものがありますが、1番食いつきが良かったのがこのスナックでした。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
おやつは猫ちゃんとのコミュニケーションの1つです。
飼い主さんの自己満足ではなく、猫ちゃんの健康をしっかり考慮してあげたいですね。